ペニス増大サプリ効果

ペニス増大サプリの効果!ペニスを大きくするサプリランキング

知りたい!どこからがEDと言える?


最近下半身に元気がないな…と思っても、年齢だったり疲れだったり、大して深く考える方はあまりいないのではないでしょうか。

 

 

しかし実は自分が「ED」だと判定されてしまったらどうでしょう? もしかしたらそれは初期症状にしか過ぎなくて、放っておいたらいずれ「インポテンツ」と呼ばれるようになってしまったら?

 

 

性行為というのは、生きていく上で人間として非常に重要なものです。快楽を追い求めるというだけでなく、結婚し、子どもを作りたいと思ったら…というようなことも考えると、自分ひとりだけの問題でなくなってくるかもしれませんよね。

 

 

今の時点でもし、少しでも不安を感じるようでしたら、早めに対策を打っておくことをオススメします。

 

 

【EDとは一体どのような症状なのか?】

 

 

それではまず、EDとは一体どのような症状のことを言うのでしょうか?

 

 

EDとは、英語で「Erectile Dysfunction」の略。「勃起不全」のことです。

 

 

皆さんに馴染みのある「インポテンツ」と似たような意味として用いられることが多いものですが、EDの場合、行為の最中に元気を失ってしまったり、ひとりでするときは問題ないのに相手がいると反応しなかったり、硬さが充分でなかったりとその症状は様々。

 

 

また原因となるものも、もちろん性器そのものに問題がある場合も多いのですが、度重なるストレスや食習慣や生活習慣の乱れなどによっても起こり得る、日常生活と隣り合わせの症状となっています。

 

 

ただ「勃起力が弱いだけ」と油断していると、実はEDであったということも考えられますから、少しでも不安や心配を感じた場合は、出来るだけ早く対処することをオススメします。

 

 

【放っておいても大丈夫?】

 

 

EDという症状は、インポテンツとは違って必ずしも性行為自体が出来ないとは限りません。

 

 

例えばただ勃起力が弱いという場合や、行為の最中に中折れしてしまうというような場合は、性交自体は出来ているわけですよね。

 

 

だからこそつい油断してしまいそうなのですが、これを放っておくと更に本格的な症状で悩まされることにもなりかねません。

 

 

もちろん相手の方からしても、満足のいく結果を得られなければがっかりされてしまうでしょう。そういった事態を避けるためにもやはり、何らかの違和感を覚えたのであれば早々に対策する必要があるのです。

 

 

対処が早ければ早いほど、改善の余地は増えます。数週間後、数年後、数十年後の自分のことを考えて、今出来ることから始めていきましょう。

 

 

【何故勃起力が弱まってしまうのか?】

 

 

先述したように、実際にEDになる原因としては心的要因から来るものと身体的なものがあるのですが、「勃起力が弱まる」のは何故なのか。

 

 

一体身体にどんな異変が起きているのか。EDを予防、あるいは改善させる上でこれらについて知っておくことは非常に重要と言えます。つまり、勃起する仕組みですね。

 

 

「勃起力が弱まる」理由。これは主に、テストステロンの低下によるものです。

 

 

テストステロンとは男性ホルモンの1種であり、これは年齢とともに減少してくるもの。女性の「更年期障害」という言葉は聞いたことがありませんか?

 

 

これは女性ホルモンが減少して、体のバランスが崩れてしまうことにより起こるものです。それと同じで、男性にもホルモンの低下という現象が現れます。

 

 

このテストステロンという男性ホルモンには性機能の維持というような役割が含まれているため、低下とともに性欲はおろか、勃起力すらも弱くなっていってしまうのです。

 

 

【予防として出来ることはあるのか?】

 

 

「まさか自分が…」と思っていても、現代社会でEDになる確率は、成人男性のうち4人に1人。4人いれば、そのうち1人はEDと言われているのです。

 

 

EDはある日突然自分の身にも降り掛かってくるもの。なってしまったら仕方ありませんが、そうならないよう、最大限の努力を、予防に注ぎ込んでみませんか?

 

 

《食生活の改善》

 

 

簡単に出来、周りにも気付かれることなく始めることが出来るのは、「食生活の改善」。

 

 

ひとり暮らしの男性であれば、尚更自炊はあまりしないかもしれませんが、普段スーパーマーケットやコンビニで見掛ける食材にも、ED予防や改善に役立つ成分が含まれていたりするのです。

 

 

例えば、牡蠣。牡蠣には精力剤やサプリメントなどにもよく配合されている亜鉛成分が多分に含まれており、この亜鉛というものは普通に生活していればあまり摂取する機会がないものなのですね。

 

 

ただ亜鉛は過剰摂取をすると逆に体に有害となってしまう成分ですから、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

また、納豆やネギ類など血栓予防に役立つ食材を取り入れることで、血の巡りを良くすることも出来ます。

 

 

これらはつまり一貫して「健康的な食事を心掛けましょう」ということなのですが、取り入れた方が良いものもあれば、もちろん控えた方が良いものも。

 

 

糖尿病や高血圧はEDに影響を与えますから、カロリーが高い食事は極力避けるようにしましょう。

 

 

また、ジャンクフードのような塩分が多く含まれているものも控えた方が良いですね。

 

 

こうして見るだけで、食生活の改善だけでも出来ることはたくさんあります。

 

 

ひとり暮らしなら自分でコントロール出来るでしょうし、家族がいるのであれば協力してもらって、ED予防、あるいは改善だけでなく、健康的な食生活を目指しましょう。

 

 

《生活習慣の改善》

 

 

サプリメントや精力剤、ED治療薬などを摂取するのはやはり抵抗がある、という方は、食生活の改善以外にも、生活習慣を変えることで予防が出来たりもします。

 

 

女性でもシンデレラタイムというものがあるように、男性もしっかりとした睡眠を取ることは健康的な体作りをする上で非常に重要なものとなってきます。

 

 

また、適度な運動も効果的ですね。下半身を鍛えるためのものなので、スクワットやサイクリング、ウォーキングなども良いでしょう。やはりED予防・改善は健康的な体を作るためには必要不可欠なのです。

 

 

【まとめ】

 

 

結論として、勃起力が弱くてもEDと呼ばれることもあります。

 

 

しかし重要なのはEDかEDでないかという部分ではなく、少しでも不安だと思ったら早期対策に乗り出すこと。そうすることで未来の自分、あるいはパートナーの幸せを守ることにも繋がります。

 

 

健康的な体を手に入れるだけで予防に繋がるのですから、メリットはあってもデメリットなどひとつもありませんよ!

 

勃起不全

この記事に関連する記事一覧