ペニス増大サプリ効果

ペニス増大サプリの効果!ペニスを大きくするサプリランキング

平成9年、江頭秀晴がしでかした、「お騒がせ」


とある、「無礼な振る舞いをする」お笑い芸人のA氏(九州地方の某所出身で、実家は酒屋を営業とのこと、です。

 

 

A氏の特徴は、痩身で薄毛、です)が、数年前、とある酒場等で当時は認可前だったバイアグラを、5錠、しかもそれを水割りしたブランデーで一気飲みをして卒倒したという「お騒がせ」が在りました。

 

 

同氏は、お笑い芸人として、周囲からウケを狙うつもりでやったそうであり、行為時はかなり酔っていたといいます。

 

 

また、平成20年の年末にオンエアされた「笑った場合、罰ゲームを受けます」のスペシャル放送では、酒樽を頭突きで割ったりする等の荒芸も披露した事がありました。

 

 

卒倒とは、「起立している状態から、急に意識を失って倒れる事」とされています。卒倒は、肉体的な疲労からも起こるとされており、低血圧や貧血の人に起こり易いとされています。

 

 

当該持病が在る人であれば、顔色は青褪めており、脈が弱いのが特徴的とされています。

 

 

某・お笑い芸人A氏が体験した卒倒は、「意識の喪失が、短時間で一過性である失神」とは異なるとされています。同氏は、行為時に急性アルコール中毒に陥っており、下手をすると死んでしまう位に危険だったそうです。飲食店の従業員は、某・お笑い芸人A氏の行為に興奮しましたが、それは一時的なものであり、意識喪失をしたので驚いたのは言うまでもないでしょう。

 

 

医薬品としてのシルデナフィル(製品名・バイアグラ)

 

 

「お騒がせ」をやらかしたA氏が使用したバイアグラは、これ自体は「製品名」となっています。正式名は、シルデナフィルとなっています。これは、医薬品に該当しています。

 

 

シルデナフィルは、勃起不全の患者、灰動脈性の肺高血圧症の治療薬として知られています。バイアグラは、米国ニューヨーク州に拠点が在るファイザー社(1849年に設立)が製造及び販売している商品であり、日本には渋谷区代々木に日本支社が在ります。

 

 

バイアグは、日本で取り扱う場合は医師による処方箋が必須となっています。購入者から、第三者が興味本位で購入する事は違法であり、副作用が強いので死に至る危険性が在りますし、興味本位で購入して服用してその結果に死亡した場合は第三者の行為は重過失が伴うものとして扱われます。

 

 

バイアグラの副作用は、服用時において血圧の急激な低下です。平成19年には、米国で勃起不全を目的に服用をしたものの、突発性軟調になったという例が米国の医療行政において発表されています(西暦・2007年10月18日)。

 

 

バイアグラが日本で適法に基づいて使用される場合、「剤刑は、25mg錠又は50mg錠とします」となっていますが、米国から輸入をし、個人で使用する場合は別に問題はありません。

 

 

米国で使われている場合は、100mg錠となっているようです。個人輸入をし、個人で使う場合は別にどのように使用しようとその人の勝手ですが、日本で100m錠を販売するのは違法行為となります。

 

 

日本でバイアグラを購入する場合、健康保険による医療報酬の適用外となっており、1錠当たりは1500円程度となっています。

 

バイアグラの適正な使用方法

 

 

勃起改善のための医薬品としてのバイアグラは、性行為をする1時間前に、1回の使用は1錠が必須となっています。基本的には水で服用し、脂肪分が含まれる牛乳等での服用は禁物となっています。

 

 

基本的には、医薬品としての錠剤であり、水で服用しなければならないとされています。

 

 

ただ、緑茶や酒類で服用しても構わないとされていますが、カフェインを含有した飲料水での服用は、医薬品の効能が効かなくなるだけでなく、人体に悪影響を及ぼす事になります。服用間隔は、24時間以上としなければなりません。

 

 

医師の処方は必須であり、要指導医薬品と考えた方が無難となっています。このバイアグラは、使用できない人もいます。

 

 

具体例としては、重度の肝機能障害が在る人、脳梗塞や脳出血の患者、進行性の夜盲症(暗部での視力低下が著しく、暗部で目がよく見えないという病気。ビタミンAの欠乏が原因とされていますが、先天的な場合は遺伝による疾病となります)の人、等が該当します。

 

 

未成年の人(結婚をしている場合であれば、問題は無いとされています。

 

 

しかし、20歳以上の成年の方が望ましいに違いありません)も該当をします。風邪薬を使用している人も該当し、健康でない人はバイアグラを使用するのは好ましくありません。

 

 

バイアグラ以外の、増大が期待できる医薬成分

 

 

バイアグラ以外の増大成分等としては、ヨヒンビン、テストステロンが在ります。

 

 

ヨヒンビンは、中央アフリカで自生しているヨヒンベから発生された抽出物であり、薬剤師からの指導が必須とされる医薬品となります。この医薬品には副作用が在り、心拍数の上昇、眩暈、頭痛、動悸、血圧が上がってしまう事、です。

 

 

ヨヒンビンは、勃起不全に期待感が在るとされています。米国においては現地の医療行政が認定をしていますが、日本においては薬剤師の指導が必須の「医療用の医薬品」とされています。

 

 

テストステロンは、男性機能の強さも意味しており、数値が高いと性器は正常に機能をするといわれています。この成分は、陰嚢にある睾丸で生成されます。作用としては、骨格の発達、筋肉の増大、が在ります。

 

 

テストステロンを含有する薬剤については、米国の医療行政機関では「当該医薬品を服用すると、心臓発作を起こすリスクが高まる」と指摘しており、テストステロンを含有した薬剤を利用する目的は「更年期の気分障害の改善」とされています。

 

 

テストステロンを含有した、「精力剤」の存在について

 

一粒当たり、テストステロンが20mg含有されている製品が在ります。それは、オットピンSという製品であり、第1類医薬品となります。

 

 

薬剤師が常駐している薬店であれば合法的に販売されており、利用者は購入に当たって薬剤師からの助言や指導を受ける事になります。『オットピンS』は、6千円程度で市販されています。

 

 

テストステロンを含有した精力剤は、「男女恥部無毛症」に効果的とされていたり、女性恥部の無毛症に効果があります。

 

 

当該製品は、用法及び用量を遵守した上で使用しなければなりません。適正使用を怠って人体に影響が及んだとしても、それは行為者の重過失による自傷行為とみなされます。

 

ED治療

この記事に関連する記事一覧