ペニス増大サプリ効果

ペニス増大サプリの効果!ペニスを大きくするサプリランキング

ペニス増大サプリを飲むために、必須となる知識


増大サプリは、性機能の改善を目的として販売されている、医薬品あるいは食品等となっています。

 

市販されているサプリメントには、カプセルタイプと粒タイプのものが在ります。食品として販売されている商品は、一箱単位の販売となっています。

 

 

価格に関しては、1万円を超えるのが一般的となっています。

 

 

健康食品としての増大サプリですが、食品アレルギーに該当する食材の記載が在るかどうかは、利用する側としては気になるものです。

 

 

とある製品の場合、該当項目が記載されていませんが、そういう製品の場合は利用者や「利用していないものの、商品そのものを中傷する目的で酷評コメントをする者」から文句を言われても仕方はないと思われます。

 

食品アレルギー項目を記載しない場合、それ自体は重大な過失となってしまいます。

 

 

増大サプリは、適正に使用をしなければなりません。製品に記載されている、用法及び用量を遵守しなければ、期待できそうな効果は実感しないでしょう。

 

 

適正な使用法としては、「水または微温湯で、一日当たりの摂取量を遵守して飲む事」です。水または微温湯ですが、これは無色透明な水道水や市販の天然水等です。

 

 

許容されている摂取量は、守らなければなりません。摂取量を超えた場合、効能が期待できないばかりか、少なからず人体に何らかの影響が及ぶと考えた方が良いでしょう。

 

 

また、水や微温湯で飲む事は、増大サプリの使用法においては「絶対条件」となっています。間違っても、有色の飲用水等(コーヒー、緑茶、麦茶、ジュース)で飲むのは厳禁となりますが、一部の例外も存在しています(バイアグラを服用する場合、です)。

 

 

無色透明な液体であっても、炭酸飲料、酒類であれば効果は期待できませんし、増大サプリを飲む際に、水以外の酒類やジュース、有色の飲用水等で飲んでいる人がいる場合、その人は「非生産的で、目的も無く増大サプリを購入し、金銭を意味無く浪費しているだけの人」となってしまいます。

 

 

そういう人が、販売者等に対して「効果が無かった」とコメントをしても、常識がある人からしては「この人は、何を考えているか分からない人」として扱われるに違いありません。

 

 

医薬品として販売する場合と、そうでない場合の問題について

 

 

主に18歳以上の成年者が読むために販売されている週刊誌等、他にはスポーツ新聞において「私は、強い男が好き」という、女性モデルを起用して販売促進をしている「医薬品としての増強剤」を目にする事があります。

 

 

週刊誌あるいはスポーツ新聞を購入する人で、こういった「一見すると大袈裟かもしれないものの、ある程度は効能が在りそうな商品」に関して、関心が無い人は少ないのかもしれません。

 

 

医薬品として販売されている「増大サプリ」は、健康上の効果が標榜できるので、女性を起用した、「私は、強い男性が好きなんです」という文言を用いた販売促進は適法行為とされています。

 

 

ただ、この場合は薬剤も取り扱う行政機関である厚生労働省が認可をしたものである事が、販売をする際に行う販売促進における必須の条件となっています。標榜については、医薬品だけが対象となると思われますが、医薬部外品と特定保健用食品に関しても対象となっています。

 

 

一部の週刊誌やスポーツ新聞に掲載されている、医薬品としての精力剤に関する広告は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律では、「猥褻に当たる文書や図画を使用しない事」に該当しているため、販売者等は法令を遵守した上で販売をしています。

 

 

一般の食品であるにも関わらず、医薬的な効能が在ると謳って販売促進をしているとみなされる、成人向けサイト等のバナー広告で見かけられます。

 

 

バナー広告の運営者は、法令違反になると認識はしていないものの、行政側が観た場合は「法令違反行為」と思いますし、誤解を受ける行為をして販売促進をするのは、非生産的な行為に他なりません。

 

 

医薬品としての精力剤は、薬剤師が扱う事になります

 

 

医薬品としての精力剤を販売する場合は、薬剤師が常駐している店舗である事が販売における必須条件となっています。

 

 

薬剤師は、薬科大学等(6年制の薬学部や薬科大学)を卒業していなければ、当該資格者の試験を受験できず、薬学に関する知識に精通している人となっています。

 

 

薬剤師が取り扱える医薬品は、処方箋を受けた医療用医薬品、医療用の医薬品に効き目が匹敵する要指導医薬品、割と効き目が強い第1類の市販薬、それと2並びに3類の市販薬です。

 

 

特に、2並びに3類以外の市販薬を扱えるので、書面を用いた説明業務や、利用者への助言は必須の業務となっています。

 

 

医薬品を使用する場合、説明を十分に受けなければ使用はできないと言っても過言ではありません。薬剤師のいない店舗で、例えば、食品に紛れて医薬品を扱う事は犯罪となります。

 

 

また、性ホルモン産出成分が含有されているにも関わらず、それを「食品」として販売する事も、同様に犯罪となります。

 

 

個人で、外国の医薬品等を輸入して自分が使用する場合は別に法的な問題はありません。使用する側が、販売者等から説明を受けた上で自己責任で使用をする事になります。

 

 

ただ、個人で輸入した製品を、営利を目的に反復且つ継続的に売買する事は、強行法規に反して犯罪となってしまいます。

 

精力増強研究

この記事に関連する記事一覧