ペニス増大サプリ効果

ペニス増大サプリの効果!ペニスを大きくするサプリランキング

ED回復から精力増大まで、動物系のペニス増大を助長させる栄養素について


増大サプリ商品には、必ずと言って良い程、生物系の栄養素が含有されています。

 

 

例えば、コブラ、トナカイ角、スッポン、それに馬睾丸の粉末、等々。これらは、陰部の増大を促す可能性が秘められており、蚕粉末、ヤツメウナギ、も増大に対して期待感が在る成分として知られています。

 

 

医薬品としての精力剤で使われる、オットセイの陰部

 

 

例えば、水族館で観られる、まるで猫みたいな可愛らしさが感じられるオットセイに関しては、薬剤師による利用者への説明業務が必須とされている医薬品として知られる精力剤の材料に使用される事があります。

 

 

雄のオットセイの陰茎や睾丸は、陰部の勃起において効き目が非常に強いとされています。

 

 

末梢血管を拡張させる働きが在り、日本では大和製薬株式会社が製造及び販売を行っています。なお、同社の自社サイト上では、オットピンの商品の詳細が紹介されており、使い方に関してかなり詳しく明記されています。

 

 

なお、オットセイは、アフリカ大陸南部のナミビア並びにワールドカップ開催国の南アフリカにおいては、自然保護区が制定されています。

 

 

米国でも、アラスカ州とカリフォルニア州では、オットセイの保護指定地区があります。また、独裁者で悪名が高い、金正恩氏が国家元首の北朝鮮でも、羅先特級市がオットセイ保護をしています。

 

 

オットセイ保護区においては、オットセイは法令や条約等で手厚く保護されています。特に、金正恩氏がいる北朝鮮で「バレないから」としてオットセイをハンティングすると、厳罰が処されて下手したら処刑されかねません。

 

 

↓ 大和製薬株式会社のサイトです。

 

http://taiwa-p.co.jp/%E5%BC%B7%E7%B2%BE%EF%BC%88%E5%A1%97%E5%B8%83%E8%96%AC/%E5%95%86%E5%93%81%E5%90%8D-%E7%AC%AC1%E9%A1%9E%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81-2/

 

 

トナカイについて

 

 

トナカイは、芸術的なデザインの角が特徴的な、北国等で生息をしている鹿の仲間とされています。日本では、北海道の天塩郡は幌延町において商業用で飼育が行われています。

 

 

トナカイは、主に毛皮を革製品等に利用する事になっています。また、北国等(日本ではありません)では、先住民族が食用として用いていたり、角を次いでに食べたところ、血管拡張や滋養強壮に効き目が在ったといわれています。

 

 

トナカイの角は、雄に見られるのが特徴的となっています。カルシウムが豊富に含有されており、牛乳の代替としても活用をされていました。

 

 

トナカイの角は、過剰摂取をしてしまうと、倦怠感や胃のむかつき感、悪寒が起こるといわれています。

 

 

適量摂取であれば問題はありませんし、当該栄養素が含有されている精力剤を摂取する場合、一日当たりの目安量を遵守していれば何の問題もありません。

 

 

馬睾丸について

 

馬は、乗馬や競走馬として活躍をする哺乳類として知られています。また、馬自体は、食材としても知られており、馬刺しが日本では当たり前のように食べられています。

 

 

桜肉といわれていますが、肉自体が紫寄りの赤色とされるので、「桜肉」とされたのだといえます。

 

 

個人的には、馬を食用とするのは何か可哀想な気がします。ただ、米国においては馬の睾丸を食用として活用しているようであり、競走馬が「使い物にならなくなった場合、食用とされます」というのはよくある話とされており、睾丸そのものを食用にできないかと、米国ではそのような考え方をした人がいたのではないかと思われます。

 

 

馬睾丸は、蛋白質が豊富に含まれているといわれています。運動の持続力を向上させるのにに欠かせない成分が含まれており、勃起力を高めてくれる役割が在ります。

 

 

他には、精液の量を増やす作用が在ります。

 

 

因みに、馬油は解熱効果が在るとされ、皮膚に塗布させる商品は虫刺されに対して効果が在るとされています。また、美肌効果が在るとされておりエステ等で取り扱っている所が在ります。

 

コブラについて

 

 

コブラは、猛毒蛇として知られています。アフリカ大陸、オーストラリア、日本では南西諸島等に生息しており、例えばジャングル地帯を歩いている際、コブラに噛まれた場合は死ぬ事になります。

 

 

救急施設に搬送されるのに時間が掛かってしまいますし、何よりも即効性が高い猛毒を持っているので怖い存在となっています。

 

 

ただ、コブラは、スペルリミンという栄養成分を含有しているとされています。これは、精液を生成し、陰部を活性化させる働きが在ります。

 

 

他には、血管を健康にさせるコエンザイムも含有されています。

 

 

コブラを滋養強壮に欠かせない存在とするためには、そのままコブラを食するのではなく、衛生管理が行き届いた工場で、コブラの体内から抽出されたエキスを精製して行く事になります。

 

 

ヤツメウナギ

 

 

鰻の蒲焼の代替としても使われるヤツメウナギは、夜盲症(暗部での視力の著しい低下の病気で、暗部ではライト携帯は必須となります)に効果が在るとされています。

 

 

ただ、鰻と比較すると、食感が馴染まないとされており、サプリメント等に使われる事が割と多いとされています。

 

 

ヤツメウナギはビタミンA(脂溶性であり、許容量を超えない限り栄養素となります。ホウレン草、人参、春菊、若芽に含有されています)を豊富に含んでおり、過剰摂取をしてしまうと人体に悪影響を及ぼす事になります。

 

 

台湾で、ゲテモノ料理として使われた蚕について

 

 

食用動物の豚や鶏等の飼料として、蚕は重宝されているといわれています。蚕は、動物染料の絹を採取するために飼育されています。愛玩用ではなく、商業用、食用となっています。

 

 

アジアの国々では、蚕は唐辛子炒めされたり、煮付けとして食卓に見られるようです。

 

 

鮪や鯛それに烏賊や海老という馴染みの魚介類や、牛肉、豚肉、鶏肉という全世界の食卓で見られる食材と違って、ゲテモノな印象が感じられます。

 

 

ただ、日本においては、健康長寿な長野県では同県のスーパーマーケットにおいて蚕の佃煮が販売されており、蚕自体は蛋白質を豊富に含んでいます。

 

 

長野県は健康長寿とされており、現役を引退した高齢者であっても就農者が多い事でも知られています。

 

 

鼈について

 

 

鼈(スッポン)は、亀目に分類される爬虫類です。淡水魚、蛙やイモリ等の両生類、水草を食する雑食性の爬虫類であり、水中生活に適応をしています。

 

 

また、分布としては中国、台湾、朝鮮半島、東南アジア、ロシア南東部となっています。

 

 

鼈は食用としても知られていますが、肉自体に水分が多いのが特徴となっています。また、低カロリーですが、低脂質としても知られています。

 

 

脂質が低いだけでなく、鼈には鉄分や亜鉛が豊富に含まれているようで、疲労回復に効果が在るグルタミン酸も含まれています。

 

 

因みに、鼈鍋が存在しており、この料理にはコラーゲンが豊富に含まれているそうで、美肌効果が期待できそうです。そのため、女性にとっては人気が高い料理としても知られています。

 

ペニス増大サプリ 勃起不全 成分分析 精力剤

この記事に関連する記事一覧