ペニス増大サプリ効果

ペニス増大サプリの効果!ペニスを大きくするサプリランキング

シトルリンとアルギニンの効果・ペニス増大に効く成分の効果とは?


シトルリンとアルギニン。このふたつの成分が、ペニス増大や精力剤の2大成分とも言われています。

 

 

ですが、その成分を得ることによっての効果について知っている人はあまりいないと思います。そこで、この記事では、ペニス増大に効果があると言われている「シトルリン」と「アルギニン」の効果について説明していきます。


 

ED治療 成分分析

植物性のペニス増大成分について


陰部を増強あるいは増大させたりする場合、大抵の人はコブラや蝮、それに鼈等といった動物性の成分を気にするかもしれません。

 

 

また、馬の陰茎や睾丸、それに雄のオットセイの陰部は「医薬品としての増大成分」としても知られており、陰部を増大させる精力剤の商品として人気が高いといわれています。

 

 

ただ、増大成分には、植物性のものも考えなければなりません。

 

 

食事をする場合でも、肉や魚介類といった動物性の蛋白質を摂るだけでなく、豆腐等の植物性の蛋白質も摂った方がバランスの良い食生活を送る事ができるようになります。

 

 

植物性の増大成分が期待できるものとしては、冬虫夏草、マカ、ヤマイモ、ハバネロ、といったものが在ります。

 

 

冬虫夏草について

 

 

「とうちゅうかそう」と呼ばれ、蛾等に寄生する茸とされています。漢方の生薬とされており、主に中国において見掛ける「増大成分等」として知られています。

 

 

そのためか、冬虫夏草は、「中華虫草」ともいわれています。増大成分とされている理由としては、マンニトールが含有されているから、といわれています。

 

 

この精力成分は、高地に在るので入手は著しく困難であるといわれています。また、雪の中に埋もれている事が多く、桜が咲く春期や夏場でなければ採取はできないとされています。

 

 

冬虫夏草に含まれているマンニトールとは、ヘキソース(6つの炭素原子を持つ単糖)であり、舌の先端で感じる甘味が在る物質です。

 

 

欧州から中東の地域に自生している植物から出る甘い樹液に因んで、命名されたといわれています。マンニトールは、腎不全の患者の治療に使われる薬剤となりますが、阿片を精製させた、「微量でも脳を抑制させて、効き目が切れると著しい苦痛を伴うヘロイン」の混ぜ物にも使用される事があります。

 

 

また、マンニトールには、脱水症状が起きる危険性が在り大量投与をしてしまうと急性腎不全となってしまいます。

 

 

生薬として利用する場合、強壮効果が期待できます。薬膳料理にも活用されており、中国ではチベット自治区で自生している当該物質が好まれるとされています。

 

 

また、人工栽培は可能となっていますが、チベット産の天然物と比較すると品質はかなり落ちるとされています。

 

 

マカについて

 

 

南米のペルー(首都・リマ)で、根をハーブとして活用しているアブラナ科(白菜やキャベツといった食用植物も、この科に該当)の多年草として、マカが在ります。

 

 

ペルーにおいては、この植物は国外に持ち出す事は禁止されています。ただ、これは「マカそのもの」を持ち出す事を禁止しているようで、加工品とした場合はこの限りではないとされています。

 

 

マカには、骨を丈夫にするカルシウムが6百mg近く含まれており、免疫反応の活性化や細胞の増殖促進、それにコラーゲン生成促進をさせるアルギニン(大豆やナッツ類、それに肉や海老、牛乳にも在ります)が含まれています。

 

 

必須栄養素を多く含んでおり、ペルー政府は、マカ自体が国民の健康のために不可欠と考えたため、「マカそのもの」を国外に出す事を禁じたのかもしれません。

 

 

ただ、マカは、生食は避けた方が良いとされています。その理由としては、胃痛、腹痛、下痢、痒みを伴うとされています。

 

 

また、妊娠中だったり授乳中の女性、甲状腺疾患を患っている人、臓腑の疾患を患っている人、子供は摂取はしてはいけません。また、サプリメントとしてのマカを摂取した際に、摂取後に不眠や頭痛を患った場合も同様にマカを摂取するのは止めるべきです。

 

 

適正使用をする場合は、栄養素を摂取するのには好ましい存在となります。また、マカを摂取した事により、健康増進だけでなくて医療用途としての可能性もあり得ます。

 

 

平成17年に、とある学会で、ラットにマカ抽出物を投与させたところ、抗肥満作用が判ったとされています。

 

 

ヤマイモについて

 

 

粘々したヤマイモは、トロロ蕎麦に使われます。また、素手でヤマイモを持った場合に痒さを感じますが、それは、ヤマイモ自体に微小の棘が在るため、知らない内に棘に触ったから、そのために痒いからです。

 

 

ヤマイモの粘々さは、ムチンによるものとされています。ムチンは、大量の糖を有する糖蛋白質であり、水溶性の食物繊維とされています。

 

 

保水性がかなり高く、納豆、オクラ、ナメコ、エジプト野菜のモロヘイヤ、浜名湖が名産の蒲焼として使われる鰻(※静岡県では、麦とろご飯が鰻以外にも有名)、淡水魚である鯉や鰌に含まれています。

 

 

トロロ蕎麦、麦トロご飯、その他のヤマイモを活用した料理を食べる理由としては、ヤマイモには消化不良を改善させるのに効果的なジアスターゼが含まれているから、とされています。

 

 

とある牛丼チェーン店では、大根オロシだけでなくてヤマイモがトッピングとして使われています。

 

 

 

健康増進に力を入れている牛丼店といえそうで、筆者は牛丼を注文する際には何れかを必ず利用しています。

 

 

夜食として牛丼を食べる場合、必ず、ヤマイモあるいは大根オロシのトッピング、それに唐辛子の添付は必須としています。

 

 

消化不良の改善が期待できるだけでなく、新陳代謝を活性化させる効果も在ります。

 

 

また、ヤマイモには鉄分、亜鉛、セレン(過剰摂取をすると、下痢や疲労が起きます。また、セレンは抗酸化作用が在りますが、過剰摂取をすると酸化を促進してしまい、癌の原因にも繋がりかねません)が含まれています。

 

 

 

ハバネロについて

 

 

ハバネロは、唐辛子の一種です。外観は、赤~黄赤、黄緑といった感じであり、メキシコ合衆国で自生されています。

 

 

物凄く辛い唐辛子として知られており、お笑い芸人がバラエティー番組で罰ゲームを受けるのによく使われています。

 

 

ハバネロは、「物凄く辛い唐辛子」である以上、摂取をする際は適量を遵守しなければなりません。興味本位だったり、悪ふざけで摂取するのは厳禁といえます。

 

 

ハバネロから分泌される液体を目に入れた場合、粘膜損傷を起こしたりします。適正使用を怠った場合、アドレナリンを分泌させて睡眠障害を起こしたりします。

 

 

また、唐辛子に含有されているカプサイシンには、「体重1キロ当たり60~75mg摂取」をした場合、致死に至る危険性が在るので適量を摂取する事を常に意識しなければなりません。

 

 

ハバネロを用いた料理は赤色で彩られているため、赤は「禁止、暴力、激情」といわれており、危険な色としても知られています。

 

 

ハバネロを適量摂取した場合、辛さを感じるだけでなくて発汗が起きます。これは、エネルギー代謝が行われている事を意味しており、脂肪の燃焼にも効果が在ります。

 

 

体温は上昇し、血流が改善されます。また、血流が改善された場合、アドレナリンが分泌される事になって精力が増進されます。アドレナリン自体、興奮を促進する物質とされており、陰部増強に効果が在るといわれています。

 

成分分析

ペニス増大に強いシトルリンサプリの選び方3つの注意点!


ペニスの増大について悩んでいらっしゃる方にとって、精力増強剤やサプリの類は大いに気になるところでしょう。

 

 

かといってドラッグストアでおおっぴろげに商品を選ぶのは非常に勇気がいりますし(特に20~30代の方)、お店の人に尋ねるのはもっと勇気がいる事でしょう。


 

成分分析

ED回復から精力増大まで、動物系のペニス増大を助長させる栄養素について


増大サプリ商品には、必ずと言って良い程、生物系の栄養素が含有されています。

 

 

例えば、コブラ、トナカイ角、スッポン、それに馬睾丸の粉末、等々。これらは、陰部の増大を促す可能性が秘められており、蚕粉末、ヤツメウナギ、も増大に対して期待感が在る成分として知られています。

 


 

ペニス増大サプリ 勃起不全 成分分析 精力剤

これで今後も安心!ED改善に効果的な成分


皆さんはEDという症状をご存知でしょうか?

 

 

これはいわゆる「勃起不全」のことで、現代の成人男性の約4人に1人が悩んでいるという症状です。「自分はまだ若いから平気…」と思っていた方も、今や20代、30代でも充分に掛かり得る症状ですから、決して安心することは出来ません。

 


 

成分分析