ペニス増大サプリ効果

ペニス増大サプリの効果!ペニスを大きくするサプリランキング

ペニスの改善のためにも気を付けるべき生活習慣:睡眠編


パートナーとセックスしてもなかなかペニスが勃起しない、あるいは勃起しても途中でペニスがしぼんでしまうという悩みを抱える男性も少なくありません。

 

 

勃起力の改善や勃起不全の克服のための方法はいろいろあり、シトルリンやアルギニンといった勃起力の向上に効果のある成分が凝縮されたサプリメントを使うという方法もあります。

 

 

しかし、そういうサプリメントを使う前にまずは自身の生活習慣を見直してみませんか。今回は、ペニスの改善のためにも気を付ける生活習慣の中でも睡眠にスポットを当ててみます。

 

 

睡眠はペニスの増大にとっても大事

 

 

睡眠というのはペニスの増大、つまり勃起力の向上や精力の増進にとってはとても大切な要素です。勃起力の向上や精力の増進に大きな影響を与えるのは血流の良さと男性ホルモンの分泌量です。

 

 

睡眠はこのうち男性ホルモンの分泌と深い関係があります。

 

 

というのも、男性ホルモンは睡眠中こそが、最大の分泌のチャンスだからです。そのため、ある程度の睡眠時間を確保することは男性ホルモンが多く分泌されるうえで必要な不可欠な条件ともいえるのです。

 

 

男性ホルモンが多く分泌されてこそ、ペニスのサイズアップや勃起力や性欲の向上ものぞめるのです。逆に睡眠時間があまりにも短いと男性ホルモンの分泌量も大きく低下してしまいます。

 

 

男性ホルモンはテストステロンとも呼ばれていますが、勃起不全(ED)や勃起力の低下の大きな要因がこのテストステロンの分泌量や働きの低下にあります。

 

 

そうなると、睡眠不足の状態ではテストステロン、つまり男性ホルモンの分泌量も減少し、その働きも低下してしまうのです。また性欲や性機能も低下し、性生活を楽しむことすらできなくなってしまうのです。

 

 

そのため、適度な睡眠は勃起力の向上や精力の増進、さらに勃起不全の克服や性欲の向上には非常に欠かせない習慣といえます。

 

 

なお、睡眠中は成長ホルモンも分泌されます。こちらもペニスのサイズアップには欠かせない成分ですので、いずれにしても睡眠時間はきちんと確保することが大切です。

 

 

これだけの睡眠時間がペニスには必要

 

 

さて、睡眠がペニスの勃起力の向上や精力の増進などにとって非常に重要な週刊であることは理解いただけたかと思います。そうなると、ペニスにとって健全でいられるためにはどのくらいの睡眠時間が必要なのでしょうか?

 

 

以前であれば8時間の睡眠が最も理想的とされていましたが、現代では人により7時間や9時間がベストといわれており、厳密に理想的な睡眠時間というのは一概には言えないのですが、最低でも5時間の睡眠がペニスを健全に保つ上では重要です。

 

 

現代の男性は毎日があまりにも忙しい日常であり、そのためか睡眠時間を十分に確保できないケースも多いものです。

 

 

それに伴って、ペニスの勃起力が低下するなどの悩みを持つ人も少なくありません。それゆえに睡眠をとる時間というのは非常になおざりにできないといえるのです。

 

 

ちなみに、フランスの皇帝であったナポレオンは逸話によれば1日3時間しか眠らずにそれを誇っていましたが、その影響で彼のペニスはわずか3㎝と極めて短いものだったそうです。

 

 

これも原因はやはり極度の睡眠不足による成長ホルモンや男性ホルモンの分泌不足にあります。

 

 

ペニスにとって理想的な睡眠の時間帯は?

 

 

十分な睡眠時間(最低でも5時間)を確保することが男性のペニスのサイズアップや勃起力の向上には極めて重要です。

 

 

が、それならば1日24時間のうちならいつでも5時間以上の睡眠をとればよい、というわけではありません。というのも、男性ホルモンや成長ホルモンには分泌に適した時間帯というものが存在するからです。

 

 

これらのホルモンが最も活発に分泌されるのは22時から2時ごろの間です。よく育ち盛りの子供は22時ごろに寝るのが一番理想的といわれていますが、それは22時以降に成長ホルモンが大量に分泌されて、背が伸びやすくなるためです。

 

 

男性のペニスのサイズや勃起力のアップとこれと同じで、22時から2時の間に眠りにつくことによって大量に男性ホルモンや成長ホルモンが分泌され、ペニスの状況の改善に大きく貢献します。

 

 

先ほども書いたように現代の男性は毎日が非常に忙しく、睡眠時間も満足に取れないという人が多い状況です。そのうえ、深夜残業をしている人も少なくないため、ペニスの勃起力の低下や勃起不全を発症する人が多くなっているのもこのためです。

 

 

特にこれらの症状に苦しんでいる人が多いのが30代から50代の間の、いわゆる中年の世代です。仕事の中でいろいろな業務を担当するようになって勤務時間も長くなり、場合により深夜帯に突入することも少なくありません。そのうえ、体内の器官の老化で男性ホルモンの分泌量が若いときに比べて減ってしまうことも勃起力の低下や勃起不全を引き起こす原因となっています。

 

 

そのため、睡眠時間とあわせて睡眠の時間帯についても考慮したうえで、質の良い睡眠をとることが勃起力の回復や勃起不全の克服への近道ともいえるのです。

 

 

まとめ

 

 

今回はペニスを改善するために気を付けるべき生活習慣の中でも睡眠について見てきました。

 

 

深夜帯で眠っていることや5時間以上の睡眠(できれば7,8時間)の時間を確保していることによって、ペニスの勃起に欠かせない男性ホルモンや成長ホルモンが活発に分泌され、勃起力の回復や勃起不全の克服にもつながります。

 

 

言い換えれば、健全な睡眠を心掛けることがペニスを健全に保つ秘訣、ということです。

 

 

もしペニスのことで悩んでいて、寝不足気味であったり、また変な時間に寝ているという人がいれば今夜からでもその習慣を改めてみてください。

 

 

今夜からでもよい睡眠を心掛けるだけでも大きく変わってくるはずです。

 

勃起不全

この記事に関連する記事一覧