ペニス増大サプリ効果

ペニス増大サプリの効果!ペニスを大きくするサプリランキング

ペニスの勃起不全改善のためにも気を付けるべき生活習慣:食生活編


パートナーとの性生活を楽しむうえで、ペニスが性的快感によって勃起するということは極めて重要な要素です。

 

 

というのも、ペニスが勃起するということは勃起神経が副交感神経の状態でリラックスして起こりうる現象だからです。

 

 

しかし、近年男性の生活習慣を巡る状況は様変わりしており、その生活習慣の変化によってペニスの勃起力が低下して勃起不全(ED)に悩まされるという人も少なくありません。

 

 

当然ながらペニスの勃起力の低下に悩む人たちは、勃起力を回復させたり、また勃起不全を克服させたいと思ったりしている人たちです。

 

 

そのためにはシトルリンサプリメントなどを摂取することも大切ですが、自分自身の生活習慣を見直すことも重要なことです。

 

 

今回は、ペニスの改善をするうえで気を付けるべき生活習慣のうち、食習慣に注目してみたいと思います。

 

 

気を付けるべき食習慣(1)―ファーストフードばかりの食事

 

 

最初に気を付けるべきことは、ファーストフードを摂りすぎていないかどうか、という点です。近所にはコンビニやハンバーガーショップなども多く林立しているのが最近の街並みにですが、そのぶん私たちは日常的にファーストフードを摂取しやすい環境に置かれています。

 

 

ハンバーガーやコンビニの弁当、インスタント食品などがファーストフードの代表例ですが、忙しい毎日を過ごす人が多いためか、それらの人たちはこれらの食品の恩恵を大きく受けています。

 

 

なにしろ、自分である程度の時間をとって料理をしたりしなくても、お金を払って買ってすぐに食べることができるうえに、それなりにおいしいですからね。人によっては毎日がファーストフード三昧になるというケースも少なくありません。

 

 

しかし、当然ながらこれらのファーストフードには保存料などの添加物がふんだんに使われています。特にハンバーガーやコンビニの菓子パンなどに多く使われているトランス脂肪酸は血管そのものを傷つけたり、血流を悪化させたりしてしまう厄介ものです。

 

 

勃起や精子の製造には血流の良さは不可欠なものであるため、ファーストフードばかりの食生活は性生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

気を付けるべき食習慣(2)―ダイエットに役立つ食べ物も実は注意が必要

 

 

次に注意すべき食べ物は、いずれもダイエットをするうえでは欠かせないものばかりですが、実は注意が必要です。

 

 

代表例を先に書いておきますと、大豆系の食品やほうれん草、バナナなどです。いずれもダイエットに非常に大きな効果を発揮するものとして有名ですが、男性のペニスにとっては危ない場合もあります。

 

 

まず、大豆系の食品ですが、確かにダイエットに有用な大豆イソフラボンが豊富に含まれているため、大豆を使ったダイエットをする人間もたくさんいます。

 

 

しかし、肥満に悩む人やダイエットに取り組む人、また女性であればバストアップに取り組む人にとって強力な味方である大豆イソフラボンは、実は女性ホルモンを増やす働きも持っています。

 

 

女性ホルモンが体内で増えると、女性であればバストアップの促進や、一層女性らしくなるなどメリットが多いのですが、男性にとっては逆効果になります。

 

 

というのも、男性の体内で女性ホルモンが増えると、そのぶん精力が減退しやすくなるからです。

 

 

男性の精力の増進にはむしろ男性ホルモンが必要とされるため、勃起力や精力の増進に取り組むのであれば、大豆系の食品の食べすぎに気を付けましょう。

 

 

次にホウレンソウですが、こちらもダイエットの食材としてよく使われます。しかし、こちらも食べすぎには用心です。

 

 

というのも、ほうれん草にはシュウ酸と呼ばれる成分が豊富に含まれています。

 

 

実は、シュウ酸は精子の製造を促進する亜鉛の吸収を阻害する働きもあるため、あまりにほうれん草を食べてばかりいると体内の亜鉛が減少し、精子をつくる力も弱くなってしまうので、注意が必要です。

 

 

もちろん、勃起した時に精子が出づらくなることにもつながります。

 

 

そして、こちらもダイエットをする人が良く食しているバナナも注意が必要です。このバナナにもほうれん草と同様に亜鉛の吸収を阻害してしまうシュウ酸が豊富に含まれているため、ほうれん草のケースと同様に注意が必要です。

 

 

このように、ダイエットに役立つような健康的な食品とはいえ、あまり食べすぎると男性にとっては精力や勃起力の減退につながってしまうので気を付ける必要があります。

 

 

気を付けるべき食習慣(3)―カルシウム関係の食事でも注意が必要

 

 

カルシウムは血液の状態の安定や骨を作るうえで非常に重要な役割を持っている成分です。しかし、カルシウムにまつわる食事についても気を付けなければいけない場合があります。

 

 

まず、乳製品を盛んに摂取しているというパターンです。牛乳やヨーグルト、チーズといった乳製品にはカルシウムが豊富に含まれているため、適度に飲食するぶんにはむしろ非常に健康的なことです。

 

 

しかし、いくら健康的な成分であるとはいえ、カルシウムをたくさん摂取するために、乳製品を飲み食いしすぎると逆効果です。というのも、乳製品はあまりにも大量に摂取すると倦怠感に襲われる症状が出てくるためです。

 

 

精力の減退につながるというわけではありませんが、倦怠感に襲われた状態では勃起もできないため、注意が必要です。

 

 

カルシウムが逆に排出されるという意味で気を付けなければいけない食材もあります。ハムやソーセージ、かまぼこといった肉や魚を加工した食品です。

 

 

これらの食品には有機リン酸が含まれており、有機リン酸は体内でカルシウムを体外に排出してしまうので、精力や勃起力の観点からすると大量に食べるのは控えるべきであるといえます。

 

 

まとめ

 

 

精力や勃起力を改善するために気を付けなければいけない生活習慣の中でも、今回は食習慣について取り扱いましたが、どれも日常生活の中ではなじみの深いものです。

 

 

ただ、今回取り上げた食習慣で気を付けるべきことを要約するならば、ファーストフードの食べすぎや健康な食品・成分であっても適度な摂取を心掛けること、の2点に絞られます。

 

 

言い換えれば、健全な食習慣が精力や勃起力の増進にもつながるということです。

 

勃起不全

この記事に関連する記事一覧